返済にかかわる大事な話

カードローンを利用する上で1番気にしないといけないのは金利といわれていますが、金利よりも気にしないといけないことがあります。

 

それは、返済方法です。カードローンでは返済・借入をする時に手数料が発生してしまいます。手数料がたまるとかなりの負担になってしまいます。さらに、返済日に遅れてしまった場合は、延滞手数料が発生してしまいます。延滞手数料は返済に遅れたことによりかかってしまう手数料のことです。

 

ついつい返済日を忘れた時のために、口座に返済額を入れておくだけで自動で引き落とすことで返済を延滞すること防ぐ方法もあります。

 

ここでは、カードローンを利用する上で手数料が発生する方法と発生しない方法があるので、手数料をかけずに賢く利用できるようにしていきましょう。

 

溜まると怖い手数料

カードローンを利用する時に返済や借入をした時に手数料が発生してしまいます。1回あたり108円から216円かかります。手数料は、利用する金額によってかわります。

 

1万円以下の場合は108円です。1万円以上を利用した場合は216円かかります。

 

返済や借入を月に1回ずつ利用すると年間で24回になります。これが1回の手数料ごとに216円使った場合年間5,184円をあなたが負担しないといけません。

 

利用する時は、なるべく1度に済ませるようにしましょう。

 

 

手数料を節約する方法をガイド!

カードローンは、利用方法で返済にかかる手数料をかけずに利用することができます。

 

返済で手数料をかけない方法

返済に手数料をかけない方法は、口座振替を利用する方法です。口座振替にすれば返済の手数料が発生しません。

 

口座振替は、返済日前に事前に口座に返済額を入れておくと自動で引き落とししてくれるので返済日を忘れても返済に遅れることがありませんので、安心ですね。
ただし、各カードローンの会社によっては指定の口座じゃないと登録ができないので、指定口座はしっかりと確認しておこう

 

手数料をかけずに借入する方法

手数料をかかけずに借りる方法は2つあります。指定された口座で振込する方法と指定のATMを利用する方法です。

 

以上の2つを利用すれば手数料をかけずに利用することができるので、賢く利用していきましょう。

 

 

カードローン借換おすすめを紹介します